FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

11月3日の練習日記

日本全国1億人のTWBOファンの皆様、こんにちは。
tubahiroです。毎度おなじみですみません。


今日は、いつもの指揮者がいませんでした。
代わりに、いつもはHrを吹いている敏腕バスガイドさんを指揮に招聘、
このときはまだ、まさかこれから、あれほど大変な時間が訪れるとは、
だれも予想だにしなかったと思います・・・・・・・・。


参加者は、20人弱。
Cl、Euphがいない・・・。
ちょっとさびしい。Percが久々に来てくれたり、
相変わらずFlは出席率が良かったり、良いところもありました。


まず、チューニング。
終わるまで15分間。合わないパートは徹底的な個人指導。
繰り返し、繰り返し、繰り返し・・・・・・・。
みんなチューナーとにらめっこ。


次に基礎練習。普段は無いメニュー。
スケール、インターバル、ブレスコントロール、などなど。
久々に、学生時代を思い出して厳しい内容でした。


最後に曲の練習。とはいえホルスト一組だけ。
しかも第一楽章のシャコンヌを集中的に。
木管が連符が厳しいといえば徹底的に遅いテンポから繰り返し、繰り返し。
金管の八分音符の打ち方がヘタであれば、四分音符から始めて
テヌート気味、スラーでやってみるなど、繰り返し、繰り返し。


普段の100倍くらい緊張感がありましたね。
いつもがいい加減というわけではありませんから、おそらくはバスガイド様の
パーソナリティのおかげというのもあったり、なかったり。
お客としてバスに乗った人が同じ緊張感を味わってなければ良いのですが・・・。


ま、彼女もプロですから、お金を払ってバスに乗るお客さんに
あれほどの緊張感を与えるようなことは無いのでしょう。
此度はタダで指揮をお願いしているから、あそこまでキビシイのか・・・。
と、お金のせいにしたり。


なんて、これだけ見ると終わった後の飲み会では、さぞ皆愚痴ばかり・・・、
と思うところですが、これがさにあらず。口々に「ああいうのも必要だ」と。


幾通りもの基礎練習、手順を踏んだ楽譜のさらい方、しっかり聞いて合わせるチューニング、
「やらなきゃね~」なんて口では言うものの、機会がなくて出来ていないことを
まさに今日はやってしまったという感じです。


やっぱり「そういう」のが好きなウチの団員にとっては、今日は至福の時間だったに違いありません。
これからは団員募集のプロットに「そういう」のが好きな人大募集と書かないといけませんね。


・・・なんだ?「そういう」のって。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://twboblog.blog.fc2.com/tb.php/63-d5cadbf2