FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

8月6日、7日の練習日記

全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
8月6、7日分の日誌をお送りいたします。

今回は土日続けて、2日連続の練習でした。どっちも合奏練習を入れる気合いの入り具合。というか、それくらい練習しないと仕上がんないほどのプログラムです。今度の演奏会は第5回の記念演奏会という位置づけ。何とか良い演奏を来て頂いたお客様にお送りしたいものです。


*********************

東京ウインドブラスオーケストラ第5回記念演奏会

日時:2016年11月3日(木・祝)
13:30開場、14:00開演
場所:品川区大井町駅徒歩1分
   きゅりあん大ホール

曲目:フェスティバル・バリエーション
   クラリネットキャンディー
   サンチェスの子供たち
   他

もちろん、入場無料です。

*********************

今回、ソロ、つまりある楽器が1本だけでメロディを奏でるシーンが沢山出てくることになってます。曲の中で短くソロを演奏することもあれば、上で紹介した2曲のように、始めから、ある楽器をフューチャーしている曲も演奏します。

クラリネットキャンディーは、名前どおりクラリネットがメインの曲です。「ブルータンゴ」「トランペット吹きの休日」「タイプライター」など数多くの名曲で知られるアメリカの作曲家、ルロイ・アンダーソンの曲です。複数のクラリネット吹きが協力して1つのメロディを作り上げていくのですが、年代も性別もバラバラの当団クラパート、さて本番までにちゃんと仕上げられるでしょうか?

サンチェスの子供たちは、こちらもアメリカの作曲家、チャック・マンジョーネの作曲で、トランペットがすこーし大きくなったような楽器、フリューゲルホルンがソロを演奏することが多い曲です。
なんといっても、今回ソロを吹くのは・・・、ま、当日までのお楽しみということにしましょう。吹きながら、○○もする、という当団にとっては初めての試みになります。


さて、ここからは団員向けです。

2日間分ですが、ギュっと圧縮して、ポイントだけに絞って伝えますから、心して聞いてください。

6日は一部の曲を、7日は2部の曲をメインにさらいました。どちらも、まーだ、まーだお客様に満足頂くには程遠い演奏です。あと3ヶ月、つまり10回ちょっとしか練習の機会がありません。

そろそろ、本番に出るつもりなら練習に出ましょうね。本番間近だけちょっと練習して、すぐ何とかなるような譜面は、今回はありません。お客様に聞かせるための演奏です。ジコマンの参加者は必要無いです。


○ミストーンを恥ずかしいと思え!!
 この日は、当団にとって、また1つの転換点となった日です。
 これまで、「とにかくデカイ音!!」「間違ってもいいから出せ!!」がモットーだった指揮者から、こういう言葉が出るようになったのは、楽団として大きくステップアップしていこうという意思の表れだと思っています。
 人間ですから、ミスはします。しなかったら人間じゃありません(笑)。大事なのは、ミスをしたらそれを素直に受け止めて、次は同じミスをしない!とココロに決めて、そのために努力することです。
 お客様は、ミスを聞きたくてわざわざ大井町に来てくれるわけではありません。自分が逆の立場だったらどうか、と常に自問してください。


○音の処理、拍の取り方など、細かい指示飛んでます
 例えば、音の最後を「投げる」という指示がありました。音を伸ばしすぎず、逆にすぼめたりせずに、遠くをイメージして音を飛ばす感じです。これは事前に聞いておかないと出来ないですね。
 あと「無い拍を感じる」とも。音が無いところに逆に音を入れて演奏してみて、次に元通りの拍で演奏してみる、といった練習を実際に何度も、何度も繰り返しました。ぶっちゃけ、面倒くさいですが、こういうのをやったという経験は必ず本番のステージで自信につながります。


○音源を聞きましょう、でも・・・
 曲が決まりました。やることは・・・、もう何度も言ってますから、今回は言いません。自分でもしつこくてヤになるくらいです。
 ただ、指揮者からの指示で、「波」に関しては、もう音源は聞かなくて良いとのことです。なぜなら、皆さんがおそらく聞くであろうアノ音源は、8分の6の演奏がちょっと*@%&・・・らしいので、あんまり聞き過ぎると、アレの演奏になってしまうので、それはマズイという判断からです。
 もっとも、一度も聞いてない人は必ず聞いてくださいね。それは、流石に聞かないと、合奏に参加するのが難しいレベルになっちゃいますから。


次回は日曜日だけの練習です。今度も、午前、午後時間を取っていますから、この機会を有効に使ってください。
何度も言ってますが、今回はこのくらい時間が必要、というか足りないくらいと考えているからこそ、お金を使って練習の機会を増やしています。
なにより演奏を聴いて頂くお客様のために、という気持ちを忘れないでください。そのために出来る限りのことはしてください。仕事やプライベートを無理に犠牲にすることはありませんが、良い演奏をしたいという気持ちも無くさないようにしてくださいね。


○団員への連絡
・演奏会費集めてます。今度は誰に支払うか、知ってますね。滞納すると、あの方はコワイですよ(笑)。

・練習案内への出欠は必ず入れてください。必要だからお願いしています。

・練習場所が週によって変わります。練習案内のメールを確認してください。

・譜面台は必ず持参してください。7~8月は場所の都合で必ず備品があるとは限りません。

・曲がおよそ決定しました。楽譜の手配をしてください。

・団費集めてます。

・サンチェスの子供たちは、進行に変更があります。必ずパートで周知してください。知らないと恥ずかしいですよ。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://twboblog.blog.fc2.com/tb.php/211-659341aa