FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

6月26日の練習日記

全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
6月26日分の日誌をお送りいたします。


もう「出席率が高い~」と言うのはやめます。ここしばらくはもうそれが当たり前になってきました。団員の多くの意識が変わってきたと言うことでしょう。音楽以外のやるべきことや、大事なプライベートを犠牲にして練習に参加するのはナンセンスですが、一方で演奏会に来て頂いたお客様に良い音楽を届けたい、と言う気持ちだって団員の中に確かにあるということだと思います。毎回コンスタントに今ぐらいの人数が出てくれれば、練習の質も良くなってくるというもの。このまま11月まで突っ走りましょう。


この日はパーカッションでお一人見学者がお見えになりました。団員の紹介です。残念ながら即入団とはなりませんでしたが、是非また遊びにいらして頂きたいものです。今度は合奏にも参加してくださいね。


さて、この日は以下の曲を練習しました。

AIR(Bach)
祝典のための音楽(スパーク)
波の見える風景(真島俊夫)
フェスティバル・バリエーション(スミス)

AIRは、これから毎週やるそうです。11月の本番で演奏するかどうかはまだわかりませんが、練習曲としてちょうど良いという意味らしいです。結構遅めのテンポでやります。最初の音出しにはいいかもしれませんね。

祝典、フェスバリはガッツリ練習の3回目。今日でこの遅いテンポも最後です。なので、しっかり最後まで通します。もちろん遅いテンポで。
何度も書いてるとおり、ツライ練習なんです。速いテンポで、イイカゲンに演奏しちゃったほうがラクなんです。速いテンポでどうしてもやりたがるんですが、そこをグっとガマンして、遅いテンポでしっかり譜面と向き合って練習です。
これをやるとやらないでは結果が本当に違ってきます。演奏のテクニックがどうとかより、メンタルな部分、一番大事な本人の気持ち、自信がつくというのが大事なんです。


指揮者の指示を紹介しましょう。

○拍のアタマをつけると音楽になります
 今回8分の6の曲が多いと何度か書いてきました。でも、しっかり拍のアタマをつけていかないと、8分の6の曲なのか4分の3の曲なのか、はたまた4分の2の曲なのか、全然聞いておられるお客様に分からないんですね。
 どこを大事に演奏すべきかは、練習中に指揮者から指示がなんども出てますから、まだ聞いてない人(いないとおもうけど)は、同じパートの人に確認してくださいね。

○パート内共有を
 ということで、パート内で指揮者の指示は共有してください。今回、練習時の指示はトバしてます。まだ4ヶ月もある、なんて悠長なことは言ってません。言えません。
 今の時期から、演奏方法についてこまかーい指示が出てるときがあります。こういうのにしっかりついていかないと、自分だけ違う演奏をしてちょっとだけ恥ずかしいことになります。 まぁ、本番のときにやらなければ良いのですけどね。


今回の練習のときに感じたのは、ゆっくりした遅めのテンポで何度も練習したおかげで、それなりにバンドの演奏としてタテの線が合ってきたな~ということです。ちゃんと指揮を見て、あるいは菜箸(!)の音にしっかり合わせて演奏することを皆が意識しているせいか、カッチリ、キッチリ、少なくともテンポについてはそれなりにまとまってきたのではないかと思っています。11月の本番までに、何とか今の3曲は間に合うんじゃないかな~と思えるような仕上がり具合ですかね。


来月、7月からはポップス系の曲の音出しになります。初見の譜面も幾つか出てくるみたいですね。曲目については練習案内に書いてありますから確認して、事前に聞いておくのも良いと思います。


○団員への連絡
・7月の練習から2部の選曲になります。

・1部の曲の譜面はもって行きませんので注意してください。

・譜面台は必ず持参を。備品は使わない方向です。

・11月の本番の出欠確認をパートリーダー伝えてください。今月中です。

・本番のホールスタッフのお手伝いをまだ募集しています。条件などは委員長に確認を。

・土曜日の練習についてのアンケートに解答してください。28日って、明日までだ!

・7月は練習場所と時間がいろいろ動きます。WEBサイトや練習案内のメールで必ず確認してください。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://twboblog.blog.fc2.com/tb.php/205-3f6a4b1d