FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

5月29日の練習日記


全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
5月29日分の日誌をお送りいたします。


まず練習内容について・・・、の前に、なんとこの日は見学者の方が4人もお見えになりました!!。いっぺんに4人です。別にこの日にムリヤリ揃えてもらったわけでもなんでもなく、ご希望の日がたまたま重なって、この日になったということなのです。

でもって、このうち3人の方が目出度く入団となりました!!、わーわー、パチパチパチ。スゴイ!!いっぺんに4人来て頂いたのもスゴイけど、そのうち3人も入ってくれました。なんともまぁ、大したもんだ。ありがたい限りです。11月の定期演奏会に向けて一緒に頑張りましょう!!

また、近いうちに団員募集も更新しないといけませんね。おそらく、テナーサックス、ユーフォニアムについては停止させて頂くことになろうかと思います。ご検討中だった皆様、大変申し訳ございません。木管低音、チューバ、打楽器、他いくつかのパートでは引き続いて募集中でございます。

でも、どのパートも残りの空きは本当に僅かです!悩んでいらっしゃる皆様!、まずは1度来てください。別にとって食われるわけじゃありません。とにかく来てみないとそのバンドのことなんてわかんないですよ。あなたご本人が、実際に練習に参加してみて、感じたことがすべてです。

一人で練習してるの、寂しいでしょう?土日、最近予定が無い週が多くなったりしてませんか?まずは動いてみましょうよ。楽器と譜面台とスリッパ(!)、あと幾らかの電車賃と、少しの勇気、必要なのはそれだけです。お待ちしております!!



さて、練習内容に移りましょう。この日も、

祝典のための音楽(P・スパーク)
波の見える風景<課題曲Ver.>(真島俊夫)
フェスティバル・バリエーション(C.T.スミス)

を練習しました。

この日は祝典をミッチリ、波を少し気合入れて、フェスバリは、ほぼ通しただけでした。

祝典については、結構タテをしっかり合わせにいきました。テンポをずいぶん、ゆっくりに落として、合うまで何度も繰り返しました。こういう練習が大事です。早いテンポで始めから練習していると、出来たような気になっているだけで、実はイイカゲンに演奏しているだけ、ということが多々あります。それを放っておくと、本番のときにバラバラになって、最終的に曲が止まってしまったりします。こういうのを「事故が起きた」と言います。

それを無くすために、徹底的にテンポを落として、まず全員であわせて曲が通るようにします。テンポが遅い分譜面を追うのはラクです。でも、テンポが遅くなると言うことは、同じ長さの音でも出してる時間が長くなるんですね。つまり、ツライんです。ほんと、ツライんです。疲れます。1回通すだけでも、クタクタになります。でも、やるとやらないとでは、ずいぶん違うんですね。避けて通るわけにはいきません。こういう練習をサボってしまうと、お客様に失礼な演奏をしてしまうことになります。頑張っていきましょう。


○今回8分の6の曲が多いです
 譜面を見ていただくとわかるように、今回の曲は8分の6が大変に多いです。とは言っても、ずーっとそうではなく、途中で他の拍子も出てきますので、その違いがしっかり演奏にも出てこないといけないわけです。8分の6の演奏と、それ以外の拍子で同じ演奏の仕方をしててはいけません。
 曲を聴くのは大事ですが、中にはそこが全然正しくない演奏もあるそうです。指揮者が演奏に参加していた○成の演奏もそうらしい、です。・・・・・・・・・、コレ以上のコメントは恐れ多いので避けておきます。


○強弱を徹底的に
 ffを効果的にするためには、ppまでの幅が広ければ広いほど良いわけです。今回の曲は、強弱を意識してつけていかないと、なーんも面白くない曲が多いです。楽譜に書いてあるとおりの指示をまずはしっかり音に表すことからです。音源を聞いて、楽譜を読んで、何が書いてあるか理解する時間をとりましょう。


○団員への連絡(ほぼ前回と同じ)
・2部の曲目についてアンケートが出ています。

・譜面の手配をしましょう。

・音源、いいのが見つからなかったら誰かに質問してみましょうね。

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://twboblog.blog.fc2.com/tb.php/201-fcf229bd