FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

10月26日の練習日記


お疲れ様です。
クラリネット男子三号です

今回は毎月恒例、戸越台中学校吹奏楽部の生徒さん達の音楽指導がありました。
その指導内容も含めて紹介したいと思います。

午後の部
音楽指導

前半は各パートに分かれてそれぞれの生徒達を指導、後半は全体合奏という流れでした。
今回は後半の全体合奏で特に印象に感じたことを紹介させていただきます。

・音を出すときは自分の中で良い音をイメージすること
・小節の頭の音を特に合わせること
・周囲の音を良く聴いて合わせること

上記以外にもありましたが、私はこの三つが特に印象に残っていました。
合奏の基本は音を出すこと、周りと合わせること
まずはこの基本ができていなければいけないのだと痛感し、合奏中も常に心掛けて練習したいと思いました。


夕方の部
定期演奏会の練習
2部を中心に行いました。

注意事項として
・各曲のダイナミックスをつける小節の確認
・リタルダンド、アッチェル等テンポが変わる小節の確認
・音の長さ、休符の長さをそろえる

やはり本番一週間前となるとそれぞれ個人の譜読みはほぼ出来上がってきたのでいつもより綿密で細かい指導が主となってきました。
いよいよ、本番間近といった感じです。

以下、前回の練習参加者です。
●参加者(エキストラ含む)
Fl 6
Ob 2
Fg 0
Cl 10
Sax 6
Tp 5
Tb 6
Hr5
Euph 1
Tuba 1
Perc 5
S.Bass 1

最後に
いよいよ定期演奏会本番一週間前となりました。
あっというまです。
この楽団に入って感じたこと、演奏曲数が多い、イベントが多い・・・ はじめは大変だなあと感じたこともありました。けれどその分練習しなければいけない、がんばらなければいけない、その結果楽団員とも触れ合える時間が増える。
結果的には楽団に入る前より充実した日々を過ごす事ができたと思っております。
そして来週も一生懸命がんばってやって良かったと思える瞬間が団員一人一人に芽生えればいいなあと思っています。

では、また来週!

スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:https://twboblog.blog.fc2.com/tb.php/118-8828137e