FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

2月14日の練習日記


全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
2月14日分の日誌をお送りいたします。


この日も、5月に開催予定のジョイントコンサートの練習でした。

一般のお客様向けの告知は、チラシなど出来上がってきましたら、改めてその画像と共にお知らせしたいと思います。もう少しお待ちください。今年もこれまで同様、若人の元気いっぱいの演奏と、我々TWBOの大人の演奏の、2つの魅力で皆様をお迎えいたします。乞うご期待!!


さて、団員の皆様へ。どうやら曲はキマリのようです。もう動くことはなさそうなので、各位は抜かりなく自分用の楽譜を用意して、音源を探してください。いつもと同じ指示です。分かってますね?音源は「原曲」ですよ?吹奏楽アレンジじゃなくて。


あと、もう持ってこない楽譜もあるようです。まだ持ってない人は流石にいない・・・、とは言っても仕事や出張などでどうしても手に入らなかったという人もいるでしょう。そういうひとは、パートの人から融通してもらってください。


以下は、昨日の指揮者の指示から抜粋です。


○メリハリをつける

メドレーとトリロジーが合体したアノ名曲で指示がありましたが、他の曲でもなんでも同じです。曲を通して全部が全部気合い入れて演奏していると、疲れます。しかも、お客様にも、疲れが伝わってしまいます。「一生懸命で感心しました」という感想は、それこそ学生向けです。
我々大人は、上手に手を抜きましょう。・・・言い方が悪いですね。お客様が聞きたいところ、印象に残る箇所を特に意識して、それこそ譜面どおりに演奏しましょう。聞いて欲しいところと、そうじゃないところを見極めるためにも、音源を聞きながら楽譜を読むことが必要です。


○拍を意識して

前にも書きましたが、今回の選曲、拍が合えば、それなりに聞き栄えのするものが多いです。逆に言えば、小節ごとの拍を意識せず、皆がバラバラの箇所で数えようとすると、お客様にもバラバラの音楽として聞こえてしまいます。
自分の譜面にしっかり向き合いましょう。他のパートの音に惑わされると、楽譜から自分を見失いますよ。見失わないためにも、音源を聞いて楽譜を読むのです。


・・・なんか、同じことばっかですね。でも大事なので何度でも言います。だってやれば確実に変わりますから。何度か合奏していると、音源聞いた人と聞いて無い人の差というのが歴然と現れてくるのですよ。毎回出てると、その辺りが結構分かります。



来週は、練習無しです。箱根まで、有志で温泉旅行ですって。うらやましい・・・。なので、いつもの練習場所に行っても、だーれもいないのでお気をつけください。個人練習でもありませんので、お間違いなく。



○団員への連絡
・5月のジョイントコンサートの参加費が修正になりました。詳しくは、実行委員長から連絡があります。

・団費の払い込みOKです。もし、まだ団費カードもって無い人がいらっしゃれば、会計まで申し出てください。

・譜面のカット、飛ぶ場所などは必ず共有を。結構激しいですよ。(再掲)

・実行委員からの連絡は必ず目を通してください。(再掲)

スポンサーサイト

2月7日の練習日記


全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
2月7日分の日誌をお送りいたします。


・・・、いや、疲れました。練習でカラダが疲れるのはいつものことですが、この日は気疲れがすごくで、2、3歳老けたような気がします。でも結果として、色々良いほうにまとまって最終的には満足です。

いきなり内輪の話で申し訳ありません。楽団も5年を超えると、色々なことが起きます。突っ走れば良かった時期が終わり、組織をより良くしていくための手立てというか、対応というか、そういうものが必要になってきますね。このブログを読んでくださるファンの皆様のため、演奏会に足を運んでくださる皆様のため、よい演奏をすることを第一としてそのために何とか頑張っていきたいと考えております。


さて、曲があらたか決まりました。もう変更がないといいな。何しろ、練習はあと10数回です。あるようで、無いんです。練習時間が。

・・・、いつまでもあると思うな練習時間。

お粗末。


○mfからfはよほどはっきりやらないと分からない!!

楽譜に忠実に、は当団のモットーのひとつです。当然、mfからf、mpからpなど、表現が難しいものだって、忠実にやります。先週も指揮者からの指示にありましたが、「分かるようにやる」ことが大事です。音楽はお客様に聴いて頂いてナンボ。聴いてる人にわかってもらうように、大袈裟にやりましょう。


○キメはしっかり

どんな楽譜にも、キメの箇所があります。全員がユニゾンだったり、異なるフレーズだったのがごく一部だけ一緒になるとか、音楽が一瞬だけまとまったように聴こえること、・・・うーん、表現が難しいな。
当然お客様にも、その部分をしっかり演奏すれば、ウマく聞こえること間違いなしです。だから、指揮者もうるさく言うわけです。音源を聴いて、事前に意識できるようにしておけば良いのですよ。


○書いてあることをしっかりやる

耳タコかもしれませんが、必要なので。


○フォルテ200個!!!!!!!!!!!!

ウチの指揮者は、本気で言います。特に木管に向かってよく言いますね。そりゃ実際に200個のフォルテなんてありえません。そのくらい強い音が欲しい!!ということなんです。
金管が強い当団、木管にももっと目立って欲しいということなんでしょう。まずは聴こえる音を出す。そうしないとお客さんに届きません。


○腰がバルス

・・・・・・・・・・・、これは練習中ではなく、練習後の飲み会であるユーフォ吹きが言ってた言葉で、面白かったので思わず載せてしまいました。
なんでも、車に楽器を積んでたら、腰がグキっとなったらしく、飲み会でグチってました。こういう面白いことを言うパートリーダーがいる当団のユーフォです。あと1名、募集してますよ。


来週も同じ時間です。その次の週はお休みなので気をつけてください。

風邪が流行ってます。私もちょっと引きかけてます。身体に気をつけて頑張って練習しましょう。



○団員への連絡
・5月のジョイントコンサートの参加費が発表されました。が、おそらく修正がはいると思われます。来週以降になるかもしれませんが、再度の連絡をお待ちください。

・団費は、来週から払い込みOKの予定です。団費カード持って無い方は申告お願いします。

・譜面のカット、飛ぶ場所などは必ず共有を。結構激しいですよ。

・実行委員からの連絡は必ず目を通してください。

1月31日の練習日記


全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
1月31日分の日誌をお送りいたします。


この日も、5月のジョイントコンサートの練習でした。

前回曲はもう全てキマリとお伝えしましたが、ちょっと変更がありました。新しい曲が増えたり、単独で演奏する曲じゃなくなったりと、色々動きがありました。

当団の演奏会を楽しみにしていただいている皆様への告知は、もうちょっとあとにしようかな~と思います。まさか、もう変更は無い、と思うのですがなにぶん御相手のあることなので、本決まりになってからの方が良いと思います。

「御相手」と書きましたが、今年も前回、去年同様ジョイントコンサートになります。日時だけ、お先に告知させて頂きます。

*****************************
2016年5月15日(日)
於 きゅりあん大ホール JR京浜東北線大井町駅 徒歩1分
入場無料
*****************************


さて、団員の皆さんは、曲が新たになりましたので、楽譜の手配と、いつもどおり曲に関する情報を仕入れてください。CDでも何でも、音源を手に入れて聴くというのはいつものことです。前も書きましたが、聴くのは原曲ですよ。アレンジだけ聞いても足りません。

今回、結構曲のカットや、つまみぐいが多いです。事前にパート内で共有しておいてください。あるいは、合奏前の時間で必ず周知しておいてください。合奏の最中に「ここカットなの?」とか、「この次どこ飛ぶの?」なんて言う会話をしないように。そういう内容で合奏が止まると、指揮者がキレます。

夜の練習は時間が短いです。なるべく有効に使って、中身の濃い練習にしましょう。そのためには、合奏以外のこと、準備などは合奏時間以外に済ませ、合奏のときは合奏に集中することです。最近合奏中の私語が多いように思います。特に、指揮者が指示をしているときの私語は控えましょう。もし、合奏について意見があれば指揮者に向かって言ってください。


あとこの日は、見学者の方が2名いらっしゃいました。クラと打楽器でお一人ずつ、ありがたいことです。打楽器の方は前回いらして頂いた方です。つまり2回目。入団して頂けるかな~と思いましたが、もう少しお悩みになるそうです。是非良いご返事を期待してます。クラの方も、是非また来てください~。


寒さが増してきています。風邪ひかないように、本番に向けて悔いのないように練習していきましょう。


○団員への連絡
・原譜を持っていくのは14日の練習で最後です。
 それまでに自前の分を用意してください。さもないと手に入りませんよ。

・カットなど、譜面についての変更については必ずパート内で共有を。