FC2ブログ

練習後記

東京ウインドブラスオーケストラのブログです。

1月24日の練習日記


全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
1月24日分の日誌をお送りいたします。


この日も、5月のジョイントコンサートの練習でした。曲はもうすべて決まっていますから、あとはひたすら練習、練習、練習です。せっかく増えつつあるお客様をがっかりさせるわけにはいきません。寒くて楽器が冷たいのをガマンして、楽譜と格闘です。


また、この日も見学者の方がいらしてくれました。打楽器の方です。他の楽団も色々見ていらっしゃるようですが、当団の印象も悪くないとのこと。是非そのまま入団頂ければと思います。来週も来てくれそうな雰囲気だったとか。ありがたい限りです。


そして、曲が決まりましたから、毎度ここで言うことは同じです。まずは、

○自前の楽譜を用意して、音源を探して聞きましょう。

知らない曲があるなら必ず、たとえ知っていたとしても、聴くことは大事です。そのとき、気をつけるのが、

○アレンジではなく、モノホンの音源を探して聴く。

ということ。今日、TPの御大からメールが回ってました。大変ありがたいことです。もちろん、吹奏楽版を聴くのも大事ですが、特にポップスなどは原曲も必ず聴くようにしましょう。


あと、指揮者が言ってたことを幾つか。

○拍を感じる!

 楽譜が難しいと感じることは誰でもあります。そんなときは、各小節のアタマをおさえるようにしましょう。そこがズレると、全部グダグダになります。途中が出来なくとも、まずはアタマだけでも音を出して、そこだけでもあわせてみるのです。


○動いてる音は出す!

 音が動いているということは、それをお客様におきかせする必要があります。いや、動いて無くったって聴いて頂くんですけど、動いているということは、動く必要があるから動いている。
 ということは、動いてるように音を出さないといけない。お客様の耳に聴こえるように出してない音は、意味がありません。今はとにかく楽譜の音を全部指揮者に聴いてもらう時期です。出さないと指揮者は指示が出せません。


来週も、場所、時間とも同じです。滅法寒くなりましたから、風邪引かないように、頑張っていきましょう!!


○団員への連絡
・5月の曲目は決定です。譜面の手配を早いとこしてください。原譜はいつまでも持ってきてくれませんよ。

・5月の本番の出欠も確認がまわっています。パート内で集計して実行委員に返答しましょう。

・団費は・・・・・・・・・・・・・・、まぁなんとか、ね。

・旅行委員から2月の旅行の出欠確認もまわってますね。こちらも月内みたいです。私は行けなさそうです(泣)。

スポンサーサイト

1月17日の練習日記


全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
1月17日分の日誌をお送りいたします。


この日も、5月のジョイントコンサートの練習でした。ジョイント先も決まり、これからコンサートの内容について詰めていきます。詳細についてはこのブログ、当団のWEBサイトでも告知してまいります。お楽しみに。


さて、この日は新曲がありませんでした。つまり、もう初見大会は無しで、選曲は終わりということです。5月に演奏する曲は全て、11月に演奏する曲も一部はキマリです。練習に出られないかたで、楽譜を持ってないかたは、急いでパート内に確認してください。
特にメドレー、トリロジーのアレンジのある、あの曲は双方の楽譜を使って「いいとこ取り」をする予定です。しっかり確認しておかないと、準備すべき譜面を用意しなかったり、練習しなくて良いところを一生懸命練習したりします。
必ず確認しましょう。


あと、今日から年末に入団されたCLの男性、先週入団されたEuphの女性、今日から練習に参加です。パチパチパチ。やっぱり新しい方が増えるというのは嬉しいものです。
パートの人数もだいぶ増えてきました。中には募集停止のところもありますが、まだまだ仲間を求めているパートもありますので、当団のWEBサイトをご覧頂き、興味を持たれた方は是非一度見学にお越しください。お待ちしております。



○団員への連絡
・5月の曲目はおおよそ決定です。譜面の手配は抜かりなく。

・ジョイントの内容については、今週実行委員長から団員各位に連絡があるようです。あわせて、本番の出欠も確認があるようです。返答しておきましょう。

・旅行の出欠がまわっています。1月中が期限です。

・団費の納入は、・・・もうちょっと待ってください。

1月10日の練習日記

全国1億人のTWBOファンの皆様、tubahiroでございます。
1月10日分の日誌をお送りいたします。

この日は、今年最初の練習でした。場所の都合で開始時刻が少しだけ遅れるというハプニングはあったものの、今年初の練習を行うことが出来てとりあえず良かったです。

参加人数も初回にしてはまぁまぁ。一通りパートも揃ってましたから一応曲も問題なく通すことは出来ました。この日は新曲もありましたし。

たなばた
宝島
相棒のテーマ

これらの曲が本番で演奏されるかどうかは未定です。でもなんとなくキマリの曲もあるような、無いような。

あとこの日は、Euphで見学者がいらっしゃいました。練習後の飲み会にも参加され、めでたくそのまま入団となりました!!パチパチパチ。楽器をこれから購入されるとのことで、今度来られるときにどんな楽器を持っていらっしゃるか大変に楽しみです。今後ともよろしくお願いします!


さて、良いことばかりではなく、課題も沢山あります。指揮者からは新年一発目の練習だからと甘く見てもらいましたが、直さなくてはならないところが満載です。


・自分の譜面を用意しましょう

 いつまでも原譜を使わないように。譜面の保管上の問題だけでなく、書き込みが出来ないことが一番の問題です。
 書き込みが出来ない→指揮者の指示を覚えていない→同じ間違いを何度もする→指揮者がキレる、といういつもの流れが生まれてしまいます。
 その流れを断ち切るためにも、自分の譜面を用意をしましょう。


・拍のアタマを意識して演奏しましょう。

 今回の選曲は、タテを合わせればなんとかなる曲が多いです。逆に言えば、合わせられなければまともに通すことも難しいということ。
 メンバー一人ひとりが楽譜をしっかり読んで、どの音符が拍のアタマ、4分の2なら1拍目に当たるのがどの音符なのかキチっと理解して合奏に望むことです。


・曲についての指示

 スミスのあの難曲は、一番最後振りなおしますので飛び出ないように。飛び出るとものすごーく、恥ずかしいです。


○団員への連絡
・5月の曲目はおおよそ決定です。譜面の手配は抜かりなく。

・ジョイントの内容もほぼ決まりです。おおよそのところは毎週の練習出欠確認メールに書いてあります。